あつ森で学ぶインテリア講座 スタイル編【塩系・和モダン・インダストリアル】

f:id:hibinomatome:20210323182657j:plain

今回紹介するのは、塩系・和モダン・インダストリアルのスタイルになります。

どのスタイルも色を意識することで、そのスタイルにグッと近づけることができます。

ぜひ参考にしてください!

 


スポンサーリンク

 

あつ森で学ぶインテリア講座 スタイル編【塩系・和モダン・インダストリアル】

塩系スタイル

あつ森_インテリア_塩系スタイル

SNSで話題となっている塩系インテリアは、「あっさり」とした印象のスタイルで、全体的に薄いトーンのものが多く、飾り気のない無骨さが特徴です。

 

塩系にするポイント!

・色素薄めのトーンのものを選ぶ
・無駄なものを減らし生活感を感じさせない

全体がぼやけないように、アクセントカラーの小物や素材にこだわったり、他のスタイルと組み合わせるテクニックもあります。

あつ森_インテリア_塩系スタイル2

あつ森_インテリア_塩系スタイル3

 

塩系にする4つの要素
素材

・スッキリした木目や、木目を塗りつぶした仕上げ

・革、緻密な織や近未来的な布製品

・樹脂、スチール、アイアン、ガラス、コンクリートなどの無機質素材

 

質感

・光沢のある、ムラのない均一な仕上げ

・クール、軽快な感じ

・ゴツゴツ、サラサラ、ツルツル、ピカピカした感じ

 

形(フォルムとライン)

・シャープでスッキリとした直線

・人工的な曲線

・フラットな面

 

・ベージュなどの淡い色

・白黒のモノトーン

 

<オススメアイテム>

 

和モダンスタイル

あつ森_インテリア_和モダンスタイル

和モダンとは、日本の伝統ある和のスタイルに、デザイン性が高くオシャレで現代的なモダンスタイルを融合させたスタイルになります。

和室はもちろん、フローリングにもなじみが良く、居心地よい空間をつくり出してくれます。

和モダンにするポイント!

・背の低い家具を選ぶ

近代的なソファやベッドをとり入れつつも、床に近い生活スタイルにすることで、日本の昔ながらのくつろぎ感のある暮らしを実現します。

あつ森_インテリア_和モダンスタイル2

あつ森_インテリア_和モダンスタイル3

 

和モダンにする4つの要素
素材

・スッキリした木目

・籐、土、石、紙、い草などの自然素材

・天然繊維の織物

 

質感

・天然木の素材感を残しつつ、均一でスムーズな仕上がり

・自然の風合いを残した質感

・サラサラ、ザラザラ、ツルツルした感じ

 

形(フォルムとライン)

・直線的で細身なライン

・重心が低いデザイン

・格子柄

 

・ダークブラウンなどの落ち着いた色

・植物などの緑系の濃淡

・土、竹、和紙、石などの自然素材の色

 

<オススメアイテム> 

 

インダストリアルスタイル

あつ森_インテリア_インダストリアルスタイル

インダストリアルは「産業の、工業の」などの意味がある英語で、インテリアでは、工業製品のような飾り気のない無骨なデザインで、丈夫な素材というとらえ方をしたりします。

そのため、イメージとしては倉庫や工場のような雰囲気で、「むき出し感」や「無機質感」があるように素材をそのまま生かすのが特徴です。

インダストリアルにするポイント!

・素朴な仕上げのスチール、木材、レザーを使う
・壁の1面をコンクリートやレンガにして無骨感を出す

似たスタイルとして、以前紹介したブルックリンがありますが、あちらはよりカジュアル感や装飾性を増したスタイルになります。

 

あつ森_インテリア_インダストリアルスタイル2
あつ森_インテリア_インダストリアルスタイル3
あつ森_インテリア_インダストリアルスタイル4
あつ森_インテリア_インダストリアルスタイル5



インダストリアルにする4つの要素
素材

・木目のある木や、古木

・古くなって味わいを増した革

・スチール、アイアン、コンクリートなどの無機質素材

 

質感

・素材自体の質感を生かし、丁寧な仕上げをしていないような荒削りな質感

・ザラザラ、ゴツゴツした感じ

 

形(フォルムとライン)

・業務用器材のような、機能的で装飾のない、ラフで直線的なデザイン

・ラインはがっちり骨太で、線より面で構成される

・重心はやや低く、重量感を感じさせる

 

・木やコンクリート、鉄などの素材の色

・使い込んで味わいが出てきたような濃い色

 

<オススメアイテム>

 

まとめ


以上が、塩系・和モダン・インダストリアルの特徴とレイアウトポイントでした。

どのスタイルもオシャレで「レイアウトするのが大変そう…」と思うかもしれませんが、今回紹介したポイントをおさえれば、簡単につくることができます。

この記事を参考に、ぜひオシャレなお部屋づくりに挑戦してみましょう!

 

おすすめ関連記事
スポンサーリンク

 

トップへ戻る