あつ森で学ぶインテリア講座 スタイル編【北欧系・カントリー・クラシック】

 

f:id:hibinomatome:20210315233136j:plain

 
前回に引き続き、スタイルの紹介になります。

今回紹介するのは、近年人気上昇中の北欧系、海外の田舎の家という雰囲気があるカントリー、ヨーロッパの伝統様式というイメージがあるクラシックです。

あつ森では、カーテンが無く、家具や装飾が限られている関係で、各スタイルの表現をするのに苦労しますが(今回だと北欧・クラシック)、できる限るそのスタイルに見えるよう頑張っていきます。

 

あわせて読みたい!

あつ森で学ぶインテリア講座 スタイル編【モダン・ナチュラル・ブルックリン】 - いつもの暮らしをちょっと良くする

 

【目次】

 

スタイルは具体的に考える

 

自分の思い描いたスタイルを実現するためには、具体的に考えることが大切です。

例えば、「自分が好きなのはナチュラル」などとらえても、ナチュラルの中にも優しい感じからハードな感じまで、イメージに幅があります。

さらに、ものの感じ方は人によっても幅があるため、同じスタイルでも、思い描くイメージは十人十です。

そのため、思い描いた部屋を実現するには、「家具のラインは骨太で手作り風、色は明るめで木目が浮き立つもの…」などと各スタイルの中でも、好きなものを「素材」「質感」「ライン」「カラー」と分けて具体的に考えてみることが必要、です。

 

 

北欧系

 

f:id:hibinomatome:20210315233357j:plain

 

明るい色の成型合板家具(プライウッド家具)から北欧ヴィンテージ家具のような味わいのあるものまで、ナチュラルなアイテムをとり入れながら、全体的にシンプルでモダンな印象を受けるのが特徴です。

北欧の自然をモチーフとした有機的かつ簡素化されたラインは、あたたかみがありながら洗礼されたデザインで、都会的なシンプルスタイルの内装にもよく似合います。

お手軽に北欧に近づけるため、フィンランド発祥のマリメッコの柄をとりいれるのもオススメです。

色はベージュからこげ茶までの木の色のほか、森や湖を連想させる北欧の自然の色が使われます。

 

4つの要素
素材

・天然木、プライウッド(合板)、木目の目立たない木

・ウール、麻などの天然素材

・スチール、ガラスなどの無機質素材

 

質感

・天然木の素材感を残しつつ、均一でスムーズな仕上がり

・ラッカー仕上げのような木目をつぶした仕上げ

・サラサラ、ザラザラ、ツルツルした感じ

 

形(フォルムとライン)

・スッキリとした直線

・デザインされて単純化された有機的かつ人工的な曲線

・フラットな面

 

・ベージュからこげ茶までの木の色

・森や湖を連想させる北欧の自然の色

 

 

<オススメアイテム>

 

 

 

カントリー

 

f:id:hibinomatome:20210315233346j:plain

 

カントリースタイルには多様な種類がありますが、共通しているのは、のどかな自然に囲まれた素朴さのある田舎家のようなインテリアだということです。

日本でいうなら、古民家のイメージですね。

家具は欧米の伝統的なスタイルをベースにして、手作り感をプラスしたもの。

素材そのもののパイン材やオーク材などを使い、木の質感を生かした自然塗料やペイントで仕上げます。

全体的にあたたかみのある、スローな暮らしを楽しむためのスタイルです。

 

4つの要素
素材

・パイン材など木目や節がはっきりした木

・テラコッタ、土、石、レンガ、銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金の真鍮や手工芸鍛造のロートアイアン(鍛鉄)

・布は木綿や麻、ウール

 

質感

・素材本来の質感を生かした無塗装に近い仕上げ

・手作り感のあるラフさ

・経年変化でかすれた感じ

・ザックリ、ゴツゴツした質感

 

形(フォルムとライン)

・骨太で手作り風

・均一でない仕上がり

・昔ながらの伝統的な装飾デザイン

・丸みのあるぽってりとした形

 

・木やレンガの茶色、土のベージュ、石の墨色など、自然素材の色や、連想させる色

・古くなって濃くなった色、かすれた淡い色

 

 

<オススメアイテム> 

 

 

 

クラシック

 

f:id:hibinomatome:20210315233146j:plain

 

クラシックスタイルは、中世以降のヨーロッパの伝統的な建築様式や装飾様式をとり入れたインテリアです。

その様式の特徴は、国や時代によりさまざまで、英国クラシック、クイーン・アン、ジョージアン、リージェンシー、ヴィクトリアンなどがあります。

クラシックスタイルは、各様式のデザインがみられるアンティーク家具や昔流行があったデザインを再現・復刻したリプロダクション家具をメインに、シンメトリー(左右対称)を意識しながら、本物の素材でコーディネートするフォーマルな印象のインテリアです。

4つの要素
素材

・木目が美しいマホガニーやオーク、ウォールナットなどの堅木

・様式固有の柄や織の生地

・天然繊維、真鍮、大理石

 

質感

・硬質

・均一で精度の高い仕上がり

・塗料や磨きによる自然な光沢

・ツルツル、サラサラした感じ

 

形(フォルムとライン)

・各様式固有の装飾を施した、優美なライン

・ゆったりとした曲線

・デザインされた複雑な曲線

・太い直線

・左右対称

 

・木の濃茶や皮革の茶

・ダークグリーンやネイビー、えんじなど深みのあるダークトーン

・上品な淡い色のライトグレイッシュトーン(明るい灰みの優しい色)

 

 

<オススメアイテム>

 

 

 

あわせて読みたい!

hibinomatome.com

 

 

参考書籍

『はじめてのインテリア 基本レッスン―部屋づくり、新築、リフォームの必読情報! (主婦の友新実用BOOKS)』