なぜ野菜が嫌いなのか…野菜嫌いの大人目線で解説!

f:id:hibinomatome:20210429232320p:plain

突然ですが、みなさんはお野菜好きですか?

自信を持って好きといえる方もいれば、嫌いという方もいるのではないでしょうか?

そんなわたしは、農家さんには申し訳ないですが、野菜苦手です💦

健康のためには食べなきゃいけないと思っていても、食品売り場でつい手にとってしまうのは、お肉やお魚、穀類ばかりです。

今回は、どうして野菜が苦手(嫌い)なのか、一般的に考えられている理由と、わたし目線での意見も踏まえて解説していきたいと思います。

・どうして野菜が嫌いなのか
・家族で野菜が苦手な人がいるけど、苦手な理由がわからない

と悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね👍

 

【目次】

スポンサーリンク

 

なぜ野菜が嫌い(苦手)なのか?

1:苦味や酸味、渋味などがあって美味しく感じられない

f:id:hibinomatome:20210429230639j:plain

生き物の視点で考えると、苦味というのは毒物に対する味として認識されています。 

また、困ったことに苦味の感じやすさは、年齢や個人により異なります

野菜には苦味やえぐ味、酸味などのあるものが多いため、美味しいと感じにくく、避けてしまうというわけですね。

わたし自身も、苦味やえぐ味を感じやすいようで、少しでも野菜が入っていると一口目で気づいてしまいます

そして、なにより美味しいと感じられない
ビールの苦味が美味しいと感じられないと言ったら少しは伝わるでしょうか?

子どもの頃に比べると少しはましになりましたが、それでも食べられない野菜は多いです。

 

2:見た目が食べる気にならない

f:id:hibinomatome:20210429230654j:plain

緑などの濃い色や硬そうな葉野菜、ピーマンのようないびつな形に抵抗があり、食べたいと思えないのも理由として挙げられます。

確かに、色は重要ですね。

お肉とかの赤い色やコーンなどの黄色といった暖色系の色は食欲増進効果
青や紫などの寒色系の色は減退効果があると言われています。

緑は中間色ですが、減退色としても活用できるので、あまり食べる気がおきないのもうなずけます。

芯などの硬そうな部分や形も、この後に紹介する食感の方で大きく影響してくるので、野菜嫌いの目線からすると、食べれるかどうかの重要な判断要素になります。

 

3:食感が苦手

f:id:hibinomatome:20210429230633j:plain

野菜特有のシャキシャキとした食感や、芯の硬い部分、トマトの軟らかすぎる部分などが嫌いという理由です。

これ野菜嫌いとしてはとても共感できる理由です。

なぜかわからないのですが、シャキッとした食感や、硬いのが野菜だと許せないのです(理不尽)。

特にわたしが嫌いとしているのは、生のタマネギ

シャキッとした食感と、タマネギ特有の青臭さや味のダブルパンチで、ひどい時は吐き出したくなります。

よく、新タマネギや水にさらして食べれば美味しいと聞きますが、野菜嫌いからしたらそんなことでは変わりません。

これは余談ですが、コンビニおにぎりのエビマヨで、タマネギが入っていることを知らずに食べてしまったことがあり、それ以降、裏の原材料を必ず確認するようになりました。

きっと、味や食感のアクセントとして入っていたのでしょうが、その時の私は、「なに余計なことしてくれてんの!(# ゚Д゚)」と、心の中で叫んでいました。

食感が硬いのも、飲み込めるまで野菜を噛まなくてはいけなく、その分野菜の味がダイレクトに伝わります。その味が大抵美味しくない。

きっとお高い新鮮なお野菜なら美味しいんだろうと思うのですが、お金持ちでもない庶民からしたら、毎回好きでもないものに高いお金を払って食べようとはなりません。

トマトのゼリー状の部分も、不思議な食感かつ「トマト!!」って感じの味がして苦手です。

野菜嫌いにとって食感というのは、非常に重要な要素だと考えます。

スポンサーリンク

 

4:青臭いなどの野菜特有のにおい

f:id:hibinomatome:20210429230649j:plain

野菜特有の独特のにおいで食べれないというのが理由ですね。

大抵の野菜は、それぞれ特有の風味がありますよね。
特に顕著なのがネギなどの香味野菜

野菜嫌いとしては、ラーメンや蕎麦についてくるのが邪魔でしかたありません。
「いや、これ、逆に美味しく感じなくなる!」って思っています。

よく料理番組で、「お野菜の風味や食感を残して…」って聞きますよね。

あれ、野菜嫌いからすると、「いや、そんなことされたら余計に食べられないから」「むしろ、風味や食感なくしてよ」っていつも思っています。

なるべく野菜の風味を感じないように調理しても、残るときは残るので、厄介極まりないです。

野菜嫌いな人に、かおりの強い野菜や風味を残した調理法はあまりオススメできません。

 

5:家庭で食べる機会がなかった

f:id:hibinomatome:20210429230644j:plain

こちらは今までとは異なったアプローチになります。

自身が子どものときに、ご家族の偏食などの理由で野菜を食べる機会が少なかったという環境的な要因ですね。

わたしの場合は、母が野菜好きでお肉を食べられないのに、わたしは肉好き野菜嫌いという不思議なことが起こりました。

ただ、母はお肉が嫌いでも、家族の食事には出してくれていたので、お肉は食べれるようになったのではないかと思います。

お子さんがいるご家庭では、自身が嫌いでも出してあげるのが大切かもしれませんね。

実際、料理するようになってから、家で出なかった食材で料理するのって少ないんですよね。

どう扱えばいいのかどんな味がするのかどんな調理が美味しいのか知らないので、無意識に避けているんだと思います。

今はネットで調理法や味を調べられるので、気になれば買う機会も増えましたが、それでもある程度は決まったものを買っていますね。

今までと違った挑戦をしてみることは、時には大切なのかもしれません。

スポンサーリンク

 

まとめ


以上が野菜嫌いの理由と、わたしの意見になります。

野菜が好きな方からすると、どのように見えていたのでしょうか?

野菜嫌いからすると、どの調理法で、どのくらい野菜が入っているかで、食べられるか食べられないかが大きく変わってきます。
そのため、外食でもメニューを選ぶのに苦労したりすることもあります。

少しでも野菜嫌いの人が、野菜を口にしたときに、どのようなことを思っているかが伝わればいいなと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

「野菜嫌いのわたしが、少し野菜を克服できた方法」

「野菜を食べることのメリット」

も記事にしたので、そちらも読んでいただけると嬉しいです!(*‘ω‘ *)

≫ 現野菜嫌いが教える 少しでも野菜嫌いを克服する方法 

≫ なぜ野菜を食べるのか…野菜を食べるメリットをまとめてみた!