病院に行ってきました【追記】内視鏡検査を受けてきました

病院

こんにちは。
当ブログの運営者のデンノウです。

昨日、タイトルにある通り病院に行ってきました。
というのも、ここ1〜2週間前から毎日何回も下痢を起こし(1日に2桁いかないくらい)、腹痛も酷くなったためです。

もともと小さい頃からお腹が弱かったのですが、一年半前あたりにストレスから、よく下痢を起こすようになりました。

初めのうちは下痢じゃない日もあったりして、いつもの事だから大丈夫だと思っていました。

ただ、ここ最近無視できないレベルで下痢が頻繁に起こり、1週間以上続いたので調べてみると、潰瘍性大腸炎ではないかと予想できました。

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の 炎症性疾患 です。特徴的な症状としては、血便を伴うまたは伴わない下痢とよく起こる腹痛です。
引用:潰瘍性大腸炎(指定難病97) – 難病情報センター

で、困ったことに痔も持っているので、排泄時に高確率で血も出るんですよね。

血便は大腸がんの可能性も考えられ、現状痔が原因なのか腸の内部が出血しているのか判断できず、とにかく色々ヤバいということで病院で診てもらうことにしました。

お医者さんに事情を詳しく説明すると、お医者さんも潰瘍性大腸炎の可能性があると判断し、明日内視鏡検査を受けることになりました。

昨日:問診、内視鏡検査の説明、尿採取、採血を受けて帰宅
本日:内視鏡検査用の食事をとる、同意書や問診票の記入、検査の流れを資料で確認
明日:朝に腸内を空っぽにする下剤(マグコール散)を飲んで、お昼に内視鏡検査

が数日のスケジュールになります。

検査用の食事は画像の通りで、消化に配慮された柔らかい食事になります。
味は薄味ですが、検査用食としては美味しく、具材が柔らかいので食べやすいですね。

大腸内視鏡検査用検査食
大腸内視鏡検査用検査食2

下剤は水に溶かして作るタイプで、2時間かけて1.8L飲む必要があるので飲み切れるか少し心配です。

下剤

ただ単にストレス性のものだといいのですが、潰瘍性大腸炎や大腸がんだったりすると色々と不安になりますね。

内視鏡検査の結果は同じ記事に追記する予定なので、また良かったら読んでいただけると嬉しいです。
追記した際は、タイトルにも【追記】と記載しますね。

スポンサーリンク

 

ここから追記

 

昨日、内視鏡検査を受けてきました。

結果から話すと、「潰瘍性大腸炎」でした。

自分で調べて一番可能性が高いと予想していたので、「まあそうですよねー」といった感じです。

潰瘍性大腸炎は20代~40代が発症年齢のピークで、症状が出る原因がわかっていない難病になります。

治療に関しても完治する方法がないため、症状が落ち着いた状態である寛解(かんかい)の達成とその維持が治療の目的になります。

 

わたしの場合は、大腸全体から小腸のつなぎ目にかけて炎症が見られ、粘液まじりの血便や下痢、腹痛をいった症状でしたが、お薬を飲んで改善ができればそのままお薬だけで治療する感じです。

内視鏡検査時に腸内の組織を採取・検査されるので次回の来院時に良性・悪性といった詳しいこともわかりそうです。(たぶんこのときに診断書ももらえる?)

現在はお薬のおかげで少し違和感はありますが、痛みがだいぶ収まって少し安心しています。

 

ただ、不安なこともたくさんあります。

1:海外の研究では潰瘍性大腸炎患者は一般の人と比べ、大腸がんの発生率が高いと言われている

2:お薬の服用やほかの治療でも改善が見られない、症状が頻繁に現れる、ステロイドがなかなか減量できない、大腸がんを合併しているなどの場合、大腸を切除したり、人工肛門といった手術になる

3:炎症が出ている時期は、炎症に影響の少ない食事制限が必要になる(油脂・不溶性食物繊維・刺激物系は避ける)

4:炎症が出ている時期は軽症でも長期の旅行や激しい運動は避けた方が良い

5:症状が再燃・悪化する原因はストレス・自然経過・食事の変化・寛解維持治療を受けていないなど複数ある

6:難病医療費助成制度を受けられない場合、医療費がたくさんかかる

上記が個人的に心配していることですね。

 

食べることが好きなので、寛解期まで制限されるのが一番つらいです。

また、HSPといってストレスを抱えやすい性格をしているので、再燃しやすそうで不安です…。

心も体も社会で生きていくのに向いてなさ過ぎて「なんで生きてるんだろ…?」って考えちゃいます。

でもまあ、すぐに入院・手術ほどの症状が出ていなかったのはよかったですね。

平均寿命の半分も生きていないのに、難病にかかりこの先どうしていけばいいのか色々と考えてしまいますが、とりあえずは無理しない範囲でゆっくり過ごしていこうと思います。

 

次回は似たような症状が出て病院に行くか悩んでいる人のために、わたしが病院で受けたことの詳細をお話しできればと考えています。

またよければ読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

 

※はてなスターをつけてもらった方には申し訳ありませんが、別記事として投稿しました

トップへ戻る