【ラクキン】オールS育成に必要な経験値まとめ「チームノワール編」

 

今回、ラクガキキングダムにて、やっと安定してオールSの育成ができるようになったので、どれだけ経験値が必要になるかまとめてみました。

よかったら、今後の育成に役立ててください!

 

【目次】

 

 

オールSに必要な経験値

 

オールS育成必要経験値:チームノワールf:id:hibinomatome:20210420212507p:plain


 

上記の表が個人で調べた、オールS育成に必要な経験値になります。

間違えている可能性もあるので、参考値として見ていただけたら幸いです

 

検証方法は、こだわり育成でステータスを上げる前後の経験値をメモして、オールSになった段階でそれらの値を加算して出しています。

 

また、育成において初期ステータスの値は毎回異なるので、表の値に多少の違いが出てきます。その点は配慮してもらえたら幸いです。

 

ちなみに今回の検証したときの初期ステータスは以下のようになります。

f:id:hibinomatome:20210420213058p:plain

 

 

オールSの表を見ると、各経験値が8000~9000強必要だとわかりますね。

 

また、クロッカーごとのパラメーターボーナスの違いもよくわかります。

 レイ:パワー・マインド経験値多、テクニック経験値少

 ツカサ:テクニック経験値多、スピード経験値少

 レオン:スピード経験値多、テクニック経験値少

レイ:すばやさLv.2・攻撃Lv.1ツカサ:防御Lv.2・HPLv.1レオン:攻撃Lv.2・SPLv.1のパラメーターボーナス

 

育成するときは、多めに必要となる経験値を獲得できるよう、クロッカーごとにトレスターを組み合わせてあげましょう。

 

 

各経験値を足しあわせると、約34000強の経験値を稼ぐ必要があるとわかります。

 

これはステータスにだけ注目した結果なので、ここからスキルやアビリティを習得しようと思うとさらに経験値が必要です。

 

獲得するスキルやアビリティにもよりますが、各経験値が1000前後必要になるので、少なくても38000、満足のいく構成にするなら、40000ほどは経験値が必要になると意識しておきましょう。

 

スキルやアビリティは、どれだけ経験値が必要かわかりやすいので、事前に欲しいものをメモしておいて、その経験値分をさっきの表の値に足してあげると無駄なく育成できますよ。

 

 

育成で選んだトレスター&アイテム

 

参考として、今回の育成で選んだトレスターとアイテムを紹介します。

 

<トレスター>

□ SSR鳳桐子Lv.50

□ SSRシェリー・ジェリーLv.45

□ SSRシノ・メーアLv.40

□ SSRリバティ・リベールLv.40

□ SRタレイア・エウ・ライアLv.45

□ SR秋穂・フランソワLv.45

 

<アイテム>

□ エピソード発生率アップ

□ ヘルメット

□ 絵心ビタミンα

□ やる気ポーション

 

アイテムに関しては、在庫の多いものを優先して選んだだけなので、トレスターギフトや万能薬と入れ替えてもいいと思います。

 

トレスターについては、レベルボーナスが強力なキャラを雰囲気で選んでいます

というのも、育成においてどのトレスターが優秀かよくわかっていません。

 

体感ですが、タッグ経験値アップや、やる気効果アップを持ってるトレスターで、やる気Maxのトレスタータッグボーナスが発動すると、多くの経験値をもらえる印象があります。

 

あと、特訓絵心消費ダウンやエピソードで絵心を回復してくれるトレスターがいると、休憩回数が減るので便利です。

 

今回のトレスターだと、バトル経験値アップも無視できませんね。

 

そんな感じで、

固定エピソード発生タイミング&内容や選択肢を把握しておく

・超特訓前は絵心調整や回復アイテム温存して、超特訓中に休憩しないようにする

・クロッカーボーナスを意識しつつ、バランスよく経験値が手にはいるように特訓

などに注意して育成してました。

 

エピソードについては、以前まとめた記事があるので、よければ参考にしてください。

【ラクキン】ノワールルート育成攻略におけるエピソードまとめ

 

ここでひとつ気をつけたいのが、バトルではステータスだけでなく、攻撃スキルも重要となる点です。

バトルで活躍したいなら、レベルボーナスだけでなく、欲しいスキルを持ったトレスターも組み合わせましょう。

 

 

 

以上、ラクキンチームノワールにおけるオールS必要経験値の紹介でした。

 

今後の育成に役立つ情報になっていればなーと思います。

以前にカルテットルートも別方法で検証したので、また時間があるときに、改めて検証しなおしたいと思います。

検証が終わったら、以前の記事を更新すると思うので、よかったらそちらものぞいてみて下さい。(更新前の記事はコチラ

それでは、今後もラクキン育成頑張っていきましょー!