あつ森で学ぶインテリア講座 家具編【寝室の配置ポイント】

 

f:id:hibinomatome:20210412143901j:plain

 

一日の疲れを癒す寝室。

寝るだけのスペースがあれば大丈夫と思っていませんか?

いえいえ、寝室にも気をつけたい点はあるのです!

今回は、寝室に注目した、家具配置の基本ポイントを紹介します。

 

【目次】

 

 

寝室の家具配置 基本ポイント

 

1:ベッドメイキングや物の出し入れに必要なスペースを確保する

 

寝室で睡眠以外に着替えやメイクを行う場合は、ベッドのほかに収納家具のスペースが必要になります。

また、ベッドメイキングを行うためのスペース確保を忘れないようにしましょう。

 

日中は寝室で活動することが少ないので、寝室の通路幅は最小限で大丈夫です。

ただ、ベッドを整えるのにスペースが必要なので、ベッドの脇にスペースを確保しましょう。

その際、ナイトテーブルを一緒に配置すると、テーブルランプやメガネ、時計などを置けるので便利ですよ。

 

ベッドと開き戸のクローゼットの間は90cm程度の動作スペースを、引き戸や折り戸タイプなら50~60cmのスペースを確保すると開閉できるので覚えておきましょう。

 

◆オススメアイテム◆

 

 

ベッドまわりに必要なスペース

 

f:id:hibinomatome:20210412150748p:plain

<シングル×1>

ベッド1台のシンプルなパターンです。

ベッドを壁につけて置くと、掛け布団をおさめられないので、布団の厚み分として、壁から10cmほど離しましょう。

 

<シングル×2>

シングルベッド2台なら、お互いの体の動きが伝わらず、ゆっくり眠ることができます。

1台を壁づけすると、ベッドメイキングがしにくいので注意しましょう。

 

 

f:id:hibinomatome:20210412150807p:plain

<ダブル×1>

ダブルベッドは4.5畳以上あれば置けるので、狭い寝室にオススメです。

ドアの位置によって、開閉時にベッドにぶつかることがあるので注意しましょう。

 

<シングル×2>

シングルベッド2台を離して置くには、約6畳のスペースが必要です。

クローゼットやドレッサーを置く場合、8畳以上あると安心です。

 

 

寝室プランの例

 

f:id:hibinomatome:20210412143715p:plain

<6畳ダブル>

ダブルベッドにすると、ベッドの三方向に人が歩けるスペースができ、ベットメイキングもしやすくなります。

 

 <6畳シングル>

間口の狭い壁に頭を向け、シングルベッド2台配置したプランです。

ベッドと壁の間が狭くなるので、ベッドの幅には気をつけましょう。

 

 

f:id:hibinomatome:20210412143729p:plain

<8畳ダブル>

ダブルベッド1台ならデスクやメイクコーナーが設置できます。

チェスト、テレビなども置くことができます。

 

<8畳シングル>

シングルベッド2台を離して置いた、基本プラン。

クローゼットの横にデスクかドレッサーが置けますが、照明を工夫しましょう。

 

 

f:id:hibinomatome:20210412143742p:plain

<10畳ダブル>

10畳あると書斎スペースが確保できるようになります。

間仕切りとして家具を置く場合は、書斎への通風や明かりを妨げず、書斎の明かりがベッドの眠りをじゃましない高さにしましょう。

 

<10畳シングル>

シングルベッドを2台離して置いても、プライベートリビングをつくれます。

ミニテーブルやイスを置くこともできるので、好みの空間をつくっていきましょう。 

 

 

2:ベッドの頭を壁につける配置で機能的に

 

ベッドの頭を壁につける配置は、外気の影響を受けやすい窓から離し、冷えや暑さから体を守りつつ、心理的に安心感を得られるのでオススメです。

この配置は、欧米にて「ベッドヘッドウォール」とよばれていて、絵や布で飾ると寝室の見せ場になります。

 

寝室の快適さは住まいの快適さにもつながります。

睡眠だけでなく、読書や音楽を楽しめるようにイスやミニテーブルを置いて、自分好みのステキなインテリア空間に仕上げましょう。

 

絵を寝室の見せ場に

f:id:hibinomatome:20210412144020j:plain

 

◆オススメアイテム◆

 

 

 

以上、寝室の配置ついての紹介でした。

ベッド以外にも、整えるためのスペースを忘れないようにしましょう。

カラダを休める大切な空間だからこそ、インテリアにもこだわっていきたいですね!

 

◆あわせて読みたい!◆ □ あつ森で学ぶインテリア講座 家具編【リビング・ダイニングの配置ポイント】

 

 

参考書籍

『はじめてのインテリア 基本レッスン―部屋づくり、新築、リフォームの必読情報! (主婦の友新実用BOOKS)』