スタイリッシュ稲作アクションRPGゲーム、天穂のサクナヒメ

 

最近は家で過ごすことが多いので、ゲームをされる方も多いのではないでしょうか?

そんな私も、子どもの頃からゲームが好きで、今もちょこちょこプレイしています。

何かないかと探しているうちに、『天穂のサクナヒメ』という気になるゲームが少し前に発売されました。

タイトルに稲作と書いた通り、従来のゲームとは少し異なっているので、せっかくなので紹介したいと思います。

 

【目次】

 

 

天穂のサクナヒメとは

 

『天穂のサクナヒメ』は、「えーでるわいす」が開発し、「マーベラス」より2020年11月12日に発売されたゲームになります。

対応機種は、Nintendo Switch・PlayStation4・PCの三種類です。

 

このゲームは、

美麗グラフィックで描かれる『天穂のサクナヒメ』は「ヒノエ島」を舞台に、島を支配する鬼と闘う爽快なコンボアクションと、日本古来の米づくりを深く再現したシミュレーション要素が融合したユニークな和風アクションRPGです。

引用元:『天穂のサクナヒメ』公式サイト

 と公式サイトにあるように、稲作とアクションゲームを組み合わせた作品になります。

 

対象年齢は、12才以上となっています。

確かに、後述する内容から、このゲームをきちんと楽しむにはそのくらいの年齢の方が理解できて良いですね。

 

 

物語

 

舞台となる世界ですが、神の世界の存在であるサクナは武神と豊穣伸を両親に持ち、家の財産を食いつぶすぐうたらな生活を送っていました。

そんなある日、神界に迷い込んでしまった人間たちを都に侵入させてしまった上、主神への献上物である米の備蓄を全て台無しにしてしまいます。

この罰として、鬼が支配するヒノエ島の調査を命じられ、サクナは迷い込んだ人間たちと共に泣く泣く島に渡り、ともに生活していく…といった内容になります。

 

少々ネタバレを含みますが、初めのサクナの印象としては、苦労を知らない子供のような(年齢的には大人)性格をしていて、何をするにもわがままで、ともに生活する人間とも最初のトラブル故、関係がよくないという感じでした。

しかし、話が進むにつれ、お互いの関係性がよくなっていき、挫折することがあっても諦めず、面倒見の良い母のような存在になっていき、ゲームシステムだけでなく、ストーリーも非常によくできていると思いました。

 

 

このゲームの魅力

 

このゲームでは、探索(戦闘アクション)・米作り・料理・農具づくりをその時々で行っていきますが、このゲームの魅力は、なんといっても「稲作」になります。

この稲作、ただのゲームと侮ってはいけません。

なんと、お米を昔の人のように、一から手間暇かけて育成するのです。

 

詳細をお話すると、まず稲作は田植期・育成期・収穫期の3つの時期に分かれます。

そして、それぞれの時期は、

 田植期:田起こし・種籾選別・育苗・田植え

 育成期:水やり・肥料・草むしり・害虫・益虫

 収穫期:稲刈り・稲架掛け・脱穀・籾摺り

上記の内容をゲーム内で行います。

 

ここでは簡略化して書いていますが、肥料を例に挙げると、田んぼの土壌に養分を与えるために、肥溜めへ様々な素材を混ぜて、熟成させた堆肥を撒く作業となります。

ゲーム内では、主人公たちが食べた食事が厠(かわや)に排泄物として保管されます。その排泄物を肥溜めに運び、排泄物以外にも、アクションステージで手に入れた素材を加えることで、肥料を作成することができます。

これ、前日に食べた食事内容が反映されていたり(梅干しなど塩分の多いものが多くなると肥料の塩分濃度も上がる)、肥溜めに加える素材で葉肥・穂肥・根肥や防病・病虫・防草などの肥料のステータスが変化するんです。

しかも、肥料ステータスもすべてを最高値にすれば良いわけではないという、こだわりぶりです。

これ以外の農作業も「すごいこだわってる…」とわかるほど細かく、それらもろもろがお米の育成に影響します(日照量、気温、病害、益虫・害虫、水位の調整など)。

 

すごいですよね、ここまで稲作に力を入れた作品を初めてみました。

また、お米を作り、お米自体の評価(ステータス)を上げることで、主人公となるサクナヒメのステータスが上がるため、アクションゲームが苦手な方でも、お米を作り続けていれば、容易にストーリーを進めることができます。

このバランス調整は素晴らしいと思います。

アクションを楽しみたい方は、わざと稲作の回数を減らすことで難易度を調整できるわけですから。

アクション自体も、非常にスタイリッシュかつ初心者・上級者問わず楽しめる内容となっています。

ちなみに、一部の農作業は仲間に任せることができますが、品質や収穫量が下がることがありますよ。

 

 

 

以上、天穂のサクナヒメの紹介でした。

巷では、農林水産省のホームページが公式の攻略本と言われるほどに、細部まで稲作作業が作りこまれており、私自身初めて知ることも多かったです。

私は今まで稲作について、きちんと学んだことがなかったので、今回この作品を通して、「お米作りってここまで大変なんだ…。今は機械化や化学肥料があるとはいえ、いつも何気なく食べてるお米を、安く食べれるよう作ってくれてありがとう。」と米農家さんの偉大さを知ることができました。

田んぼの様子見てくるという方の気持ちが良くわかる、非常に良い、食育にもなる素敵なゲームです。

 

もし気になったら、一度公式ホームページを見てもらえたらと思います。