【ゲーム】プレイして数日のラクガキキングダム育成メモ

 

こんにちは!

今回は、2021年1月28日にリリースされたラクガキキングダムをさっそく遊んだので、

その育成メモとして記事を作成しました。

ラクガキモードはまだあまり触れてないので、育成メインの紹介になります。

ちなみに、数日プレイした私の殴り書きになっているので、ここに載っている情報は間違っている点もあると考慮した上で、参考にしてもらえたらと思います。

また、説明する上で、

パワー・スピード・テクニック・マインドステータス(経験値)

体力・攻撃・防御・すばやさ・SPパラメータ

とここでは表現します。

 

【目次】

 

 

 

ルート選び

 

育成はまずクロッカーを選ぶところから始まります。

・攻撃と体力の高いラクガキが育ちやすいヒロト

・防御とSPの高いラクガキが育ちやすいミズチ

・素早さと防御の高いラクガキが育ちやすいユノ

3人いるクロッカーのルートから一つ選んで育成が始まります。

個人的にはユノルートで手に入る、初期開放アビリティ:会心の型が他の二人に比べて強いと思っているので、攻撃型はユノルートを選んでいるのですがどうなのでしょうか?会心の型:Lv.5でクリティカル率+5%(バトル開始から2ターン)

クロッカーにより、必要経験値が少なくなるパラメーターボーナスがあるので、高パラメーターにしたいのに合わせてクロッカーを選びましょう。パラメーターボーナスはクロッカールート選択の際に確認できますよ。(2021年2月2日追記)

 

 

トレスターについて

 

ルートが決まったら、育成したいラクガキを選んで決定し、トレスターのデッキを選びます。

このトレスターが育成においてかなり重要な立ち位置だと考えています。

そのため、育成を始める前にしっかり準備しておきましょう。

 

SR以上のトレスターがいると、より効果の高いスキルやアビリティを入手できるので、できるならデッキに入れたいですね。また、トレスターは一人につき6枚のカードを持っており、育成ではそのカードを組み合わせてステータス経験値を得ますが、その値もレアリティが高いほど数値が高めです。

 

さらに、トレスターのレベル上げは、ボーナスにかかわってくるのでかなり重要です。

初期親密度が高い状態から始まったり、タッグしたときの経験値アップ、各ステータス・特訓経験値アップ、追加特訓エピソードの発生率or経験値アップ、バトル経験値アップ、エピソード経験値アップ、特訓絵心消費ダウンなど、トレスターによりボーナスが異なるので、トレスター名鑑から確認してみるといいですよ。

 

トレスターには得意とするステータスがあり、カードもそのステータスの物を多く持つので、育成方針によって割合を考えましょう。

 

トレスターは基本ガチャで手に入りますが、クエストで星を集めるとSR10%ガチャチケットをもらえるので、先にそちらを複数クリアして、トレスターを増やすと選択肢が増えるのでおススメです。

 

 

属性色

 

属性色はメインで使いたいスキルに合わせてあげましょう。スキルには同属性ラクガキ使用で効果が2倍になったりしますからね。

私はSSRを現状シェリー・ジェリーしかもっていないので、青属性中心になります。

 

 

育成アイテム

 

アイテムはお助け効果がメインです。

もし余っているようであれば、育成での立ち回りが楽になるので、選びましょう。

私はエリクサー病なので、基本使わずに「今後のためっ…!」と思って残してあります。

 

 

育成の流れ

 

ここまで選んだら、「さくっと育成」「こだわり育成」の2つから育成方法を選べますが、現状はこだわり育成の方が強く育成できると思います。

さくっと育成チケットが使えたらどうなのでしょうか?道中のバトルやコンテストが無視できるので、特化育成とかしやすくなるんですかね?

 

育成は4フェーズあり、1フェーズ9パートあります。

ダイジェストかどうか問われますが、サクサクしたい場合はダイジェストでいいと思います。きちんと確認していませんが、ステータスには影響ないはず?

詳細なストーリーが聞けるので、各トレスターの固有エピソードは、ダイジェストにしない方がわかりやすいかもしれません。

 

1パートごとに、ステータスを伸ばす特訓をするか、絵心かやる気を回復する休憩、警告を治す治療が選べます。ペンジェルって何なのでしょうか?

これらのどれかを選択すると、1パート進み、その合間でエピソードが発生します。

選んだルートやルートに変わらず固定エピソードもあるので、覚えておくと絵心や、やる気調整などに便利です。

 

特訓について

特訓では、事前に選んだトレスターの中からカードがランダムに6枚が選ばれ、その6枚からプレイヤーは3枚選んで、そのカードに書かれているステータス経験値を得る仕組みになります。この際、絵心を消費します。

カードの選び方でクロッカーボーナスがのり、ステータス経験値を追加でもらえたり、絵心が回復します。

 

トレスターの親密度が上がっていると、カードにタッグと書かれているものが、登場しやすい気がします。タッグカードを選ぶと経験値が多くもらえます。

 

カードにはエピソードと書かれているときもあり、選択すると追加特訓エピソードが始まり、トレスターが得意としているステータスをメインに、特定のステータス経験値をもらえます。FEVERも多めに溜まるので、狙えるなら狙っていきたいですね。トレスターによってはレベルを上げると、発生率が上がるキャラがいるので、しっかり見ておきましょう。

 

FEVERは特訓でクロッカーボーナス通りにカードを選ぶと5%溜まります。FEVERが100%になると、特訓で選べるカードにフィーバーカードが追加されます。

私はパワーとマインドが+100されるカードしか見た記憶がないのですが、他にもあるのでしょうか?

このカード非常に優秀で、2つのステータスを持ち合わせているので、クロッカーボーナスが狙いやすくなります。私はいつも全経験値と絵心回復の2つが手に入るように使っています。もし、他のカードに狙っていたものがなければ、フィーバーカードを使わないことで、次回の特訓に持ち越せますよ。

 

休憩について

休憩は絵心回復とやる気回復の2種類あります。

 

絵心回復は、特訓する際に消費する絵心を回復します。普段は50回復、時々失敗して15、大成功で70回復だったと思います。失敗するとスランプ状態になり(確定?)、絵心が10・やる気が1下がったりします。

絵心が低い状態で特訓をおこなうと、失敗しやすくなり、ステータスを得られない他、やる気が下がったり、ステータスが減ったりとデメリットが大きいので、気をつけましょう。

 

やる気回復は、やる気と絵心を少し回復してくれますが、あまり使ってないので詳細はわかりません。

ただ、やる気が高いと特訓で得られる経験値が多くなり、低いと少なくなるので、なるべく高い状態を維持しましょう。

 

治療について

治療は警告を治しますが、失敗することもあります。私は何連続か失敗が続いたことがあります。警告はスランプや反抗期などあり、特訓にデメリットが出るものになります。

 

 

フェーズ2の残りパートが1になるとバトルが始まります、きちんと育成していれば、特に問題ないですが、推奨よりパラメータが低くても、強力な攻撃スキルを持っていれば割と倒せたりします。このとき、敵の強さによりステータス経験値が均等に入るので、できるなら強い敵を倒したいです。さらにトレスターによってはレベルボーナスでバトル経験値を追加でもらえます。私はこのときに、1回目のパラメータを振るようにしています。

 

パラメーターについて

パラメータは今まで特訓などで得た、ステータス経験値を割り振って伸ばします。

経験値はパラメータ・スキル・アビリティを伸ばすor得るのに必要です。

HPはパワー、攻撃はパワーとテクニック、防御はスピードとマインド、

すばやさはスピードとテクニック、SPはマインドの経験値が必要になります。

また、各パラメータは、各々のタイミングですべてのステータス経験値を必要とするので、高パラメーターにするためには、バランスよくステータス経験値を得る必要があります。私は優秀なテクニックトレスターがいないため、いつもテクニック不足です。

 

スキル・アビリティについて

スキルとアビリティは画面左下のボタンから習得したいものをステータス経験値を用いて習得・セットし、その後経験値を使ってスキル・アビリティレベルを上げるかたちになります。必要なステータス経験値はそれぞれ異なるので、注意しましょう。

 

 

フェーズ3の残りパート7からは超特訓が始まります。この期間は特訓でのステータス経験値が多くもらえるので、絵心の調整をしておきましょう。この期間はフェーズ3の残りパート4の行動が終わると終了します。

 

フェーズ3の残りパート3になるとコンテストのお知らせが来ます。フェーズ4の初めのパートで、コンテストまで残り1パートになるので、この時点でパラメーターを上げておきましょう。

総パラメーター値参照なのか、各パラメーターに到達ラインがあるのかは、まだ検証していませんが、すべてのパラメーターがDを超えていると1位をとれる気がします。1位だと全経験値100もらえます。

 

フェーズ4の最後3パートはバトルになるので、勝てるものを選びましょう。

バトルが終わるとMVPの発表があり、1位を取ると全ステータス経験値を400もらえます。条件はわかりませんが、バトルを全勝しているのは必要だと思います。

 

このあと、経験値を割り振って育成が終了します。

 

 

エピソードについて 

 

エピソードは、特訓の前後に入るイベントのようなもので、 多くはステータス経験値をもらえたり、絵心・やる気が回復したりします。

固定で発生するものや、ランダム発生、デッキに入れたトレスター専用のエピソードなどがあります。

多くのエピソードは選択肢が用意されており、選んだものにより得られる結果が異なります。中には、デメリットを伴う選択肢もあるので、回数をこなして見極めていきましょう。

 

トレスターのエピソードは、選択肢によりステータスの伸びが異なり、これは私の推測ですが、のちのエピソードの発生やスキルやアビリティ習得に影響する気がします。

たとえば、SSRのシェリーだと「くらげのように」のエピソード2つで、どちらも「のんびりする」を選ぶと、その3のエピソードでカレイドスコープを習得できました。

 

ここからは、おそらくルート共通のエピソード紹介になります。

 

フェーズ3の最初のパートでやる気が1下がります。

低い場合は治療をおススメしますが、一部トレスターのエピソードでは、やる気を上げてくれるものもありますよ(逆もしかり)。

 

フェーズ4の最初で、発散エピソード「リスタート」選択だと、パワー50、やる気1、藤丸の親密度5上昇します。

 

フェーズ4の残りパート4で、最後のひとときエピソード「みんなで」選択だと、パワー50、グランディの親密度10上昇します。

 

※エピソードについて詳細をまとめた記事出来ました!

hibinomatome.com


 

 

以上、育成について私がわかった範囲でまとめた情報になります。

最初育成したときは、アイドルマスターシャイニーカラーズを簡単にした感じの育成だなーと思いました。

思いつきで書いたため、読みにくかったり、間違っている個所もあると思いますが、

これから遊ぶ方の参考になればいいなと思います。

皆さんも気になったら、ラクガキキングダムをインストールして遊んでみましょう!

 

※育成する上でさらに知ってもらいたい情報の記事はこちら

hibinomatome.com