無理なく節約する、いつもの献立決めと、その買い物

 

毎週考えなくてはいけない献立。

私は基本的に、一週間に1回しか食料品の買い物に行きません

その理由は、

・毎回出るのが面倒

・何回も買い物に出ると余計なものを買ってしまう

・コロナが流行っているので、なるべく人に会う回数を減らしたい

・料理はまとめて作り置きして、時間を有効に使いたい

 

というような感じで、なるべく一週間分まとめるようにしています。

 

このようにすることで、良かったことがあります。

それは自然に無理なく節約できてることです。

一週間にまとめて買うので、事前に献立を考えます。

そうすると、必要以上の買いすぎを防げ、余る食材もほとんど出ないので、

環境にも優しく、自然と無駄がなくなりました。

 

今回はそのやり方を、メモ書き程度に残そうと思い、記事にしたので、

興味があれば見ていってください。

ちなみに分量は2人前を想定しています。

 

まず、一週間の献立を決めます。

定番料理の、豚汁・和風ポテトサラダ・トースト・ヨーグルト・バナナに冬は鍋ということで、この材料は決まりです。

そこに、ネットで検索して美味しそうだと思ったメニューを追加します。

今回は、チキントマト煮込み・鶏もものみぞれ煮・焼きそば・ミニハンバーグ・ちくわとこんにゃくのピリ辛炒め・ひじきの煮物・豚とジャガイモのオーロラソース和え・タコミンチトマトソースパスタを選びました。

ここから、その料理に必要な材料をまとめます。

 

そして実際に購入したのが、

五目豆・ホールトマト缶2個・赤から鍋つゆ・タルタルソース・ツナフレーク3個入り・ニンジン3本・パプリカ・玉ねぎ3個・秋ジャガイモ6個・大根・白菜半玉・ニラ・もやし・舞茸・エノキ・豚バラ薄切り・豚切り落とし・合い挽きミンチ・煮タコ・焼きそば3食入り・納豆・コンニャク・厚揚げ・ちくわ・バナナ・ウインナー・卵・ヨーグルト2個・牛乳・リンゴジュース・食パン6枚切り・カスタードケーキ・エビフライ・アジフライ・鮭小ぶり6切れ・冷凍きしめん

といった感じです。

鶏ももとひじき・パスタは、家に残っていたので買っていません。

揚げ物は自分で作ると大変なので、お惣菜のものにして、おやつにカスタードケーキ、気分でリンゴジュースなど、少し予定にないものも購入しています。

食べたいものを食べるのが、ストレスなく続ける秘訣だと思っています。また、そうすることで、外食もかなり減りました。

かかった金額は5777円。どうですかね?2人分だとしてちょっと高いですかね?

けど、その分外食しないのでまあ良しとしています。

 

後はこれらの食材を、期限が切れる前にまとめて調理したり、使わないものは冷凍保存したりして一週間で使い切るようにしています。

献立を考えるのが一番の難関ですが、最近はネットにたくさんレシピが載っているので、とりあえず調べて食べたいものを選ぶことで、悩むことが減りました。

 

メモ書きは以上になります。

もし誰かにとって、何か使えそうな情報になってたら嬉しいです。