贅沢な時間を過ごせるアフタヌーンティーと思い出の味

 

贅沢をした気持ちにさせてくれるアフタヌーンティー

 

こんにちは。皆さんは特別な時間の使い方ってありますか?

私はのんびりしているときが、贅沢だと感じるのですが、

それをさらにグレードアップさせる、アフタヌーンティーという存在を、

思い出もかいつまみながら、紹介できたらと思います。

 

【目次】

 

 

アフタヌーンティーとの出会い

 

アフタヌーンティーと初めて出会ったのは、友人の紹介からです。

当時の私は、島根県で過ごしていて、そこに澤井珈琲というコーヒーショップがありました。

そこは一階がショップで、二階はカフェになっていました。

友人とお茶をする目的で訪れて、お店の存在と同時にアフタヌーンティーがあるとこのとき知りました。

 

 

アフタヌーンティーについて

 

アフタヌーンティーについてですが、イギリス発祥の喫茶習慣で、紅茶と共に軽食や菓子をとるものになります

よく見るのは、お皿が段になっているもので、「そういえばアニメで見たことがある」とその時は思いました。

 

二階のカフェスペースに行き、メニューを見るとアフタヌーンティーと書かれており、失礼ながら、こんなところで食べられるんだと驚き、このときは即決で頼みました。

 

そして、実際に私の元に来たのが、写真の物になります。

 

f:id:hibinomatome:20210123095027j:plain

上のお皿には、季節のケーキ(シフォンケーキ)・アイスクリームが乗っていて、

下のお皿には、スコーンとそれにつけるジャム&クリーム・ミニサンドイッチ

そして、二杯分の紅茶が運ばれてきました。

これだけ色々ついてるのに、当時は850円ほどでいただけて、破格だと思いました。

 

味も非常に良く、特にスコーンは驚きました。

スコーンに対して、当時はそこまでおいしいものだと思っていなかったのですが、その認識が覆されました。

少し焼いてあるのか、表面はサクサクしていて、中はほくほろ、味も目立たないけど、ついつい次のに手を伸ばしたくなる美味しさで、スコーンにハマるきっかけとなりました。

スコーンを買うために何度か訪れたほどです。

 

また、スコーンにつけるジャム紅茶からできていて、紅茶独特の癖がなく、非常にクリアで上品な味となっています。

最初はなにかの果物だと思っていてのですが、のちに紅茶と知り驚きました。

なかなか他にはない味だと思います。

このジャムと生クリームをスコーンに付けて一緒に食べると、すべての味がマッチして、至福のひとときでした。

 

 

アフタヌーンティーを知ってから

 

疲れた時や自分へのご褒美に、アフタヌーンティーを食べつつ、外の景色を眺めてのんびり過ごすのが好きな時間になりました。

変わらない日常から一変して、どこか旅に出かけたような特別な時間で、私の中の良い思い出となっています。

 

今は二階のカフェがなくなったそうで、非常に残念ですが、インターネットで一部商品が買えるので、また久々におうちでアフタヌーンティーをしたいと思います。

みなさんも、よければ私が愛したアフタヌーンティーで、のんびり過ごしてみませんか?

 

◆澤井珈琲のスコーン

 

◆澤井珈琲の紅茶ジャム