一人暮らしで後悔しないためにチェックしたいこと ~部屋選び編~

f:id:hibinomatome:20210317222115j:plain

4月になると家元を離れ一人暮らしをする方も多いですよね。
でもいざ一人暮らしとなると、何に気を付ければいいんだろうと疑問が生まれてきます。

今回は一人暮らしでまず考えないといけないお部屋選びでチェックしたいことを紹介します。

約10年弱一人暮らしをして感じた、お部屋選びポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

【目次】

スポンサーリンク  

 

一人暮らしで後悔しないためにチェックしたいこと  ~部屋選び編~

 

まず、大事となるのが部屋選びです。部屋は生活する上で過ごす時間が一番多くなる場所なので、時間があるなら慎重に決めていきたいです。

寮に入る方もいると思いますが、その寮も期間がある場合があるので先を見据えておくのもいいかもしれません。

さて、わたしが部屋を選ぶときに注目するのは以下の通りです。

 

 1:部屋周辺の交通の便が良い

 2:部屋周辺に買い物できるところや病院がある

 3:ガスが都市ガス

 4:水道代が一律でない

 5:収納が多い

 6:キッチンが広い

 7:バス・トイレが別

 8:部屋が上の階である

 9:大きなガラス窓があり、日が入る

 

以上9点です。

それでは一つひとつ理由についてお話ししていきます。

 

1:部屋周辺の交通の便が良い

f:id:hibinomatome:20211013114608j:plain

大学生だったころ、家の前にバス停があったのですが、駅までは行くのに大学にはいかない路線で不便に感じることが多かったです。

部屋から大学までは歩いて15分~20分ほどの距離で、自転車なら問題なかったのですが、雨や雪が降るとき、だるさを感じたときは「バスが使えたら…。」と何度も感じたことがありました。

また、大学生の方の場合、就活の時期になると駅を利用する機会が増えてきます

そういった意味でも、部屋の周辺の交通がどこに繋がっているかは重要になります。

 

2:部屋周辺に買い物できるところや病院がある

 

生活する上で食料品や日用品の買い物は欠かせません。

近年はネットスーパーも活用できるのですが、手数料や定価でしか買えなかったりと、少々割高になってしまいます。

ちょっと買い足さないといけないこともあったので、部屋から近いに越したことはありません。

一人暮らしで自炊をする場合は、優先順位はより高くなります。

 

また、病院についてですが原付や車を持っていない場合、体調が悪い時に外に出るのは非常に大変です。

何年一人暮らしするにもよりますが、4年間だとしてもどこかの期間で風邪をひいてしまうことがあるので、候補に入れておいても良いでしょう。

 

3:ガスが都市ガス

 

一人暮らしの場合は難しいかもしれませんが、ガスはプロパンガスよりも都市ガスの方が光熱費を安く抑えられます。

プロパンガスの場合、ガスをあまり利用していなくても、基本料金だけでそこそこ取られるので、出費を抑えるためにも、できるなら都市ガスのお部屋を選んだ方がいいです。

 

4:水道代が一律でない

 

水道代については、人によって変わりますが、わたしの場合は一律でない方がお得でした。

一人暮らしを始めると、多くの場合、浴槽にお湯を溜めて入ることが減ります。

これは溜めるのが面倒だったり、時間がかかったり、光熱費が余計にかかるためです。

お風呂をシャワーで済ますことが多くなるため、一律料金が安くない場合は、検討しても良いかもしれません。

 

5:収納が多い

f:id:hibinomatome:20210317224045j:plain

収納が多いと部屋を片づけやすくなるため、おすすめです。

できるなら服をかけることができるクローゼットをおすすめします(理由については次回)。

部屋に置いてあるものが少ないと、掃除をしやすくなり、部屋の壁を汚したりなどを防げるため、使用頻度の少ないものはしまえる方がよいです。

 

6:キッチンが広い

f:id:hibinomatome:20210317224040j:plain

キッチンが広いのは、自炊をする方だと重要になってきます。
キッチンが広いだけで料理の効率が上がり、やる気も変わってきます。

また広さに合わせて、コンロの数も一緒に確認したいです。

最低でも2つあると、煮ながら炒め物を作るといったことができるので、時間節約の上で大切です。

さらに、シンクも大きい方が洗い物を行いやすくなるのでおすすめです。

逆に自炊はしないという方は、この項目の優先順位は低くなります。

 

7:バス・トイレが別

 

バス・トイレが別なのは、実際にそのタイプの部屋に住んで便利だったためです。

ユニットバスの場合、どうしてもスペースが狭くなり、窮屈に感じます。

以前住んでいた部屋はトイレの隣にお風呂の扉があるタイプで、トイレの上には収納板がついていたため、そこにカゴを置き、トイレ・お風呂の掃除道具やトイレットペーパーのストック、お風呂で使うバスタオルを置いていました。

しかし、バス・トイレが別だと家賃が高くなりがちなので、そこまで気にならないのであれば、優先順位は下がります。

 

8:部屋が上の階である

 

部屋が上の階なのは、下の階の時より足音や生活排水の音が気になりにくかったためです。

部屋でゆっくりしたいときや、寝るときなどはあまり意識していなくても、小さな音に気付いてしまうことがあります。

上の階の人が常識の範囲内であれば、音自体も気にならないのですが、そうでないときもあるので、トラブルを避けるためにも上の階が良いでしょう。

上の階に住むときは、下の階の人に迷惑をかけないように気を付けましょう。

 

9:大きなガラス窓があり、日が入る

f:id:hibinomatome:20210317224035j:plain

大きな窓ガラスから日の光が入ると、洗濯物を部屋干しや生活リズムを整えるのに役立ちます。

一人暮らしでの洗濯干しは、雨のことを考えなくて済む部屋干しが二度手間が無く、プライバシーも守られるためおすすめです。

一緒に、部屋干し用の洗剤や柔軟剤を選ぶと部屋干しのニオイも気になりません。

日の光が入れば、その分早く干すことができるので、窓ガラスは重要です。

また、太陽の光が入るというのは重要で、朝起きたときに日の光を浴びることで体内時計が整うので、健康的に生活するためにもあった方が良いでしょう。

スポンサーリンク  

 

まとめ

1:部屋周辺の交通の便が良い
2:部屋周辺に買い物できるところや病院がある
3:ガスが都市ガス
4:水道代が一律でない
5:収納が多い
6:キッチンが広い
7:バス・トイレが別
8:部屋が上の階である
9:大きなガラス窓があり、日が入る


以上が部屋選びの際にチェックしたい個人的なポイントでした。

すべての条件を満たす物件はなかなかないと思うので、自分の中で優先順位をつけて役立ててみてください。

次回≫ 一人暮らしする前にチェックしたいこと ~その2~

 

トップへ戻る